マーケティングオートメーションの事例とは【進行プランを最適化】

ニュース一覧

店舗BGMの注意点

映像

商用利用可能なサービスを

飲食店や小売店・美容サロンなどの店舗では、店の雰囲気や客層に合わせたBGMが営業ツールの1つとして欠かせません。楽曲や音楽ジャンルの選択に店のセンスが表れることから、どの店のオーナーも良質なBGM音源をどうやって確保するかという問題に頭を悩ませているのです。動画視聴ばかりでなく音楽を楽しむメディアとしても多くの人が利用しているyoutubeには、国内外からさまざまなアーティストが楽曲を投稿しています。ジャンルごとに楽曲をランダムに流し続けるチャンネルも存在するため、youtubeの音楽を店内BGMとして流している店舗も少なくありません。有線放送などと違ってそうしたyoutubeチャンネルの多くは音楽を流すのに料金もかからないことから、店舗BGMの費用を節約できるメリットもあります。しかしながらyoutubeに投稿された音楽の中にはCDの音源をそのまま流しているような例も見られるため、安易に商用利用するのは問題です。演奏動画にも著作隣接権が認められますので、youtubeの音楽を店舗BGMなどに商用利用する際はそうした著作権の問題をクリアしなければなりません。実際にyoutubeを通じてそうした音源を店内BGMとして流していた店舗が過去に訴えられた事例がありました。このような著作権の問題を解決するには、著作権管理団体を通じて著作権者に楽曲使用料を支払うのも1つの方法です。もしくはyoutubeにアップロードされている中から著作権フリーの音楽を探して利用するという方法も考えられます。ハイクオリティな音楽をもっとリーズナブルな料金でBGMに使用したいという店舗の間では、著作権手続きが不要な音楽配信サービスも人気です。youtubeにも商用利用可能なBGMの配信サービスがありますので、著作権関係の手続きが面倒だという店舗はそうしたサービスを検討してみるといいでしょう。

Copyright© 2018 マーケティングオートメーションの事例とは【進行プランを最適化】 All Rights Reserved.